スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを引っ越すことにしました

2013.08.26.Mon.22:19
ご訪問ありがとうございます。
最近なんとなく、こちらのブログサービスが性に合わなくなりまして…。

で、今後は同じブログ名で http://tapionokuniteshigoto.blogspot.fi/ のアドレスに記事をアップしていくことにしました。

ご無沙汰することの多いブログですが、今後ともよろしくお願いします。また、ブログというよりはメモ書きのつもりで「今日の手仕事@タピオの国」というページもアップしています。こちらには、ブログよりは少しは頻繁に投稿しておりますので、興味がありましたらのぞいてやって下さいませ。
スポンサーサイト

フック用の紐

2013.07.26.Fri.21:58
少し前に完成したクジラのタオルは夫に好評でしたが、その後、

「フックにかけるための紐をタオルにつけてくれ!」

と言われました。

残念ながら、手元に手ごろな材料はなく、共布でフック用の紐を作ろうかとも思ったけれど、それでは紐がやたら厚くなってしまいます。そこで思いついたのが…

IMGP0497 Medium Web view

これは、バンド織り専用の道具です。機でいえば綜絖のようなもの。これでバンドを織ってフック用の紐にしようと思ったのです。

機に残っていた経糸をバンドの経糸として利用、そして、緯糸もやはりタオルを織ったときの残り糸を利用することにしました。

でも…

IMGP0500 Medium Web view

気に入らない!!

そこで次の挑戦!!
経糸を2色にして、経糸のテンションがそれなりに一定になるように、機を利用してみました。

IMGP0511 Medium Web view

で、織り進めていったのですが…

IMGP0512 Medium Web view

あまりきれいに織れません。筬を使わずに織るというのは難しいものだと実感したところで、結局こうなりました。

IMGP0514 Medium Web view

綜絖と筬を使って、普通に平織りです。結局これをフック用の紐として使うことにしたのでした。

下の写真、左上部が一作目、真ん中二作目、右下が採用決定の三作目です。


IMGP0515 Medium Web view

こんな細いバンド状のものでさえ筬なしではどうにもならないなんて…。 
バックストラップで織るウィーバーさんたちの技術ってすごいものなんだ、としみじみ思いました。

クジラのタオル

2013.07.12.Fri.22:35
文字入りタオルの経糸に続けて織っていた「クジラタオル」も文字入りタオルとともに機からおろし仕上げをしました。

こちらのほうにも織り間違いが…

IMGP0465 Medium Web view

どうやら拾うときに間違ったようです。上の写真だと間違いが一目瞭然ですが、織っているときにKuukkeliのほうに向いてたのはこちら側↓

IMGP0467 Medium Web view

織ってるときに間違いにはなかなか気づきませんよね…と、言い訳に使うための写真を撮ったつもりでしたが、こうしてみると間違いが明らかに見えますね。うかつでした。

で、これもとじ針で横糸を入れなおし…

IMGP0468 Medium Web view

うまくごまかせ修正できたかな?


そしてこちらが完成品です! 写真はたたんだ状態ですが、広げると 73cm×148cm の大きさです。

IMGP0476 Medium Web view

この作品に夫は満足してくれた模様です。よかったよかった…

文字入りタオルのお嫁入り

2013.07.10.Wed.21:43
以前織っていた、「波」の文字の入った亜麻の織物は、同じ経糸で続けて織っていた作品が織りあがった後、無事、機からおろされました。が…

糸の素材や密度、組織にもよりますが、毎回必ずといっていいほど見つかるのが…

IMGP0433 Medium Web view

織っているときに十分気をつけていたつもりだったのですが、今回もこんな場所が何箇所かありました。

で、そんな場所は、とじ針を使って、後から糸を入れてごまかす修正するんです。

IMGP0435 Medium Web view

それにしても、どアップで見ると不ぞろいな織りのあとが一目瞭然! でも、使用糸の太さが均一でない…そのせいにしておきましょう。ちなみに使用糸は8番の亜麻、単糸です。糸の密度は10本/1cm。

全部のごまかし修正が無事終わったあとは、端を三つ折して始末し、アイロンをかけて出来上がり。

IMGP0457 Medium Web view

贈り物なので、一応パッケージもどきもしてみましたが

IMGP0460 Medium Web view

リボンではなく糸の残りを使ったあたり、ちょっとせこかったかも?  いや、でもシンプルなパッケージが中身を引き立たせる!?(…と思うことにしよう…)

こうして先週末に、この文字入りタオルは旅立って行ったのでした。

イラストを織り出す

2013.06.27.Thu.23:04
「波」の文字を織り出した布は織りあがりましたが、仕上げはまだです。同じ経糸で、続けてもう一枚織り出したものですから。

夫に、イルカ模様のついたバスタオルを織ってほしいとリクエストされ、それに答えることにしたのです。


「イルカ模様」といわれても、たいした絵心もないKuukkeli。参考にできるものはないかと、Googleでイルカのイラストを画像検索してみました。そこにやってきた夫が、画面をのぞき見て…

夫「これこれ、これにして!!」
Kuukkeli「…いや、その絵ってイルカじゃなくてクジラでしょう?」
夫「いいの。これが気に入ったの。だからこれがいい!!」

…ということで、ネットで見つけた夫お気に入りのイラストを拝借・使用することにしました。拝借なんて、時と場合によってはいけないことですが(一ヶ月弱前にこんなニュースがフィンランドをにぎわせた…)、個人使用ですからきっと問題はないはず。でも、イラストの全体像はここには載せずにおいたほうが無難かな…


ちなみに作業工程ですが…

まず、夫お気に入りのイラストをプリントアウトして

IMGP0414 Medium Web view

それをトレーシングペーパーに写し取り(単に黒のプリンターインクを節約しようというだけの理由…せこい…)

IMGP0415 Medium Web view

数枚のA4判のコピー用紙にやっと収まるぐらいに超拡大コピーしたものを張り合わせ

IMGP0416 Medium Web view

それをさらに薄紙に写し取り

IMGP0417 Medium Web view

その薄紙を経糸の下にとりつけて、踏み木を踏み変えながら絵の輪郭にあわせて経糸をすくい、そこに緯糸を入れていく…それを繰り返していくと、絵が浮き上がってくるのです。

IMG_0226 Medium Web view

そして今は、絵が徐々に完成に近づいていくさまを見て、達成感に浸ってニマニマしながら織っているところです。 
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。